葬儀の一般的な流れ
お香典のマナー
服装
弔辞の書き方、注意点

Funeral Question -葬儀の疑問-について

葬儀という行事に備えるために

日本においては冠婚葬祭という他のイベントとは異なる重要な行事として定めているいくつかの節目がありますが、中でもとりわけ重要度が高いとされているのが葬儀です。

歴史を見ても「村八分」という言葉がありましたが、かつて地域共同体のルールを大きくおかしてしまった人は社会的なつながりを切られてしまうという制裁も風習として行われてはいたもののそれでも葬式では同じ村の人は助けるというふうにしていたというくらいに他の行事とは違った取扱をされてきた歴史があります。家

人の死というのは残された遺族にとっては大変なショックであるとともに、人情的にきちんとした形で葬ってあげたいと多くの人に思わせるものであるため、現在においても他の行事とは一線を画す扱いをされています。

しかしながら人の死についてはそれぞれの宗教ごとに全く解釈を異ならせているということもよくあり、それは葬儀という儀式にも関係がしてきます。

普段はあまり宗教の行事に関わるようなことを全くしないという人であっても、葬儀に参列をするときにはそれらの宗教や思想の形式にのっとり最低限のマナーを守る必要があります。

葬儀における決まり事のいろいろ

鳥居葬儀の目的はどのような宗教であっても最終的には亡くなった人が安らかに眠れるようにするということです。

日本で最も広く行われている葬儀の形式は仏式ですが、この場合には亡くなった人は仏となり天に上っていくという思想がもとになっています。

詳しくはそれぞれの宗教の教義を参考にしてもらいたいですが、仏教においては亡くなった人は裁きを受けるとともにその後に輪廻転生をして生まれ変わるという思想が根底に持たれています。

そのため葬儀の儀式ではそうした思想を示すように、火葬をしたりお寺の住職の人にお経を上げてもらうといった手順がとられていきます。

これが神道による葬儀になると、亡くなった人は肉体から抜けて霊魂という存在になりこの世で暮らす私達を守ってくれる存在になるというふうに信じられます。

キリスト教では亡くなった人は神のもとに召されて最後の審判を待つといったふうに解釈をされているため、やはり仏教とは異なる方式で葬儀が行われるようになります。

葬儀に参列するということはそうした死後の行き先の思想を尊重し、それにのっとった儀式を行っていくということがマナーになります。

すべての宗教について思想までを理解しておけとは言いませんが、自分の信じる宗教以外の葬儀に参列するときにはそうした根本的な思想の違いがあるということをまず先に頭に入れておきマナーを守ってふるまうということが大切になってきます。

自分の葬儀をどういった方法で行うか

年齢が中年期~高齢期くらいになってくると、既に家族や友人、同僚などの葬儀に数回参列をする機会もあったことかと思います。菊

若い時期で亡くなるかたもいないわけではありませんが、よりリスクの高まる中年期以降の世代にとっては次は自分かもしれないという意識は常に持っておくべきことと言えます。

ですのでまずは葬儀にはどういった形式やマナーがあるかということを事前に調べ、そこから自分の葬儀にはどういった方法をとるかということをどこかのタイミングで学ぶ必要があります。

このサイトでは葬儀という儀礼式典に参列するときに最低限知っておきたい知識やマナーを紹介していくとともに、自分自身の葬儀を遺族に迷惑かけることなく行うためにはどういった手続きや準備をしておくべきかということを項目別に紹介していきます。

サイト内カテゴリ

葬儀全般

マナー

お香典

弔辞

主な用語集