形見分け

遺産相続とは異なる「形見分け」 「形見分け」は亡くなった人が生前に所有していた持ち物を遺族や関係者が分け合ってそれぞれ持ち帰るということです。 故人の所有物の分配というと「遺産相続」という方法もありますが、遺産は財産価値 続きを読む>>

喪中はがきについて

近親者が亡くなった年に出すハガキ 現在ではあまり「喪に服す」ということを厳密に行う人はいなくなりました。 ですが今でも習慣的に行うこととなっていることの一つに「喪中はがき」というものがあります。 喪中はがきとは毎年お世話 続きを読む>>

法要とお参り

葬儀後の法要の種類について 仏教では人は亡くなった後すぐにあの世に行くのではなく、しばらくは魂の状態で現世をさまようものと信じられています。 そのため仏式で葬儀を行った人はお通夜と告別式が終わったあともしばらくの間をかけ 続きを読む>>

連絡について

訃報はどのようにして伝えるのがよいか 長く病院に入院をされていたような親族の場合には、病院側で危篤となったときに既に家族に連絡をしできるだけ臨終に立ち会ってもらうようにします。 そこで医師の立会のもと心肺停止と死亡が確認 続きを読む>>

葬儀後の諸手続き

告別式が終わってからの流れ 葬儀ではお通夜と告別式の2つが最も大きな行事となりますが、その日程が終わってからも葬儀のための手続きは続きます。 告別式が終わったあとには火葬場へと遺体を運び、火葬を終えたあとの遺骨を骨壷に入 続きを読む>>

葬儀の形式について

宗教による葬儀の形式の違い 日本国で行われている葬式で最も多いのは仏教式の葬儀でしょう。 普段から特に宗教的なこだわりのない生活を送っている人にとっては、黒白の水引きを真ん中に入れた香典袋や、葬式の時に呼ぶ住職などをごく 続きを読む>>

葬儀費用について

葬儀費用の内訳とだいたいの費用をつかむ 葬儀業界というのはここ最近まで、「素人が踏み込んではいけない分野」というイメージが強くありました。 今から数年前に大手企業が「香典の相場」というような金額をはっきり示すような記事を 続きを読む>>

葬儀の一般的な流れ

お通夜を行うまでにするべきこと 肉親が亡くなってしまったときには、まず医師から死亡診断書を発行してもらう必要があります。 葬儀を行うためにはまずいずれかの葬儀社やセレモニーホールへ申し込みをしてそこでスケジュールを相談し 続きを読む>>

不幸がおきてしまったら

もし突然に家族の死を伝えられたら 人の生き死には本人の意志とは関係なく左右をされるものです。 ですので昨日まで健康そのものであった父母が、その日の夕方に突然に死亡したという連絡を受けてしまうということも実際にはよくありま 続きを読む>>