有名人の弔辞から学ぶ

過去に有名になった著名人の弔辞

過去に大スターであった俳優や有名な作品を残した文化人が亡くなった場合には、大きなバンケットホールなどを借りきっての葬儀などが行われたりします。

そうした場合には招待をされる参列者も著名人であることが多く、弔辞を読む姿がテレビの映像として残されることも珍しくありません。

ここ最近で素晴らしい弔辞として有名になった例としては、赤塚不二夫氏が亡くなったときに友人代表としてタモリが読んだ弔辞で、これ以上ないほど素晴らしい内容として今も語り継がれています。

他にも加藤茶が読んだいかりや長介への弔辞や、浅丘ルリ子が大原麗子に読んだ弔辞も名文として涙を誘う文章の代表です。

素晴らしい弔辞を集めた本もあります

著名人の他にも弔辞として読まれた名文を知りたいというときには、文章をまとめた書籍を読んでみるのもおすすめです。

読みやすい本としては「弔辞-劇的な人生を送る言葉」という文春新書の書籍があります。

こちらの本では過去に有名人の葬儀で読まれた、友人の著名人の弔辞をまとめています。

著名人の葬儀となるとどうしても話題作りということもあってか多少大げさな表現になっているというものもあるのですが、中にはウィットの中にも深い故人への愛情を感じられる名文もあり、直近に弔辞の予定がある人でなくても一つの読み物として十分に楽しむことができます。

コメント欄は閉じられています。