弔辞の構成について

弔辞の基本的な内容

紙とペン弔辞は長くても3~5分程度にとどめ、あまり冗長になりすぎないように事前にしっかりと文章を用意しておきます。

目安となるのは全部でだいたい1000文字~1200文字くらいで、原稿用紙なら3枚くらいまでで終わる短さにまとめるようにします。

短い文章を作るときに注意をしたいのが構成で、きちんと導入部、主題部、まとめという流れを守ってそれぞれを簡潔に伝えていきます。

一般的な内容構成としては、「故人への呼びかけと訃報を聞いたときの気持ち」「生前の関わりとそのときの簡単なエピソード」「故人の人柄をたたえつつお別れの言葉」の三部構成となっています。

途中で言葉に詰まってしまうというシーンも葬儀・告別式では珍しいことではありませんが、できれば冷静に式の進行を妨げないようにして、遺族のためを考えて読み上げるようにしましょう。

弔辞の原稿の作り方

弔辞はアドリブでは話さずきちんと文面にしたため、最後に祭壇に置いて去るようにします。

祭壇に残された弔辞は式が終わったあとで遺族のもとに送られてそこで保管をされるようになっています。

弔辞を書く紙はできるだけ一枚で完結するように巻紙などの和紙を使い、そこに毛筆や筆ペンを使って書いていきます。

どうしても書きにくいときはペンでもよいのですが、途中で修正がないように丁寧に仕上げるようにします。

書き方としては十分に余白を取りつつ「弔辞」という表題のもと、文章を作成して最後に葬儀の年月日と「友人代表」のような自分の立場とともに署名します。

最後に文面を書いた紙を畳んで奉書紙と呼ばれる包み紙に入れ、表面には「弔辞」というタイトルとともに自分の名前を書きます。

コメント欄は閉じられています。