弔辞の書き方、注意点

紙とペン

言葉選びが難しい「お悔やみ」

冠婚葬祭の式で苦労をしてしまうことの一つとしてあるのが、当事者に対して掛ける言葉の選び方です。

日本では「忌み言葉」としてお祝いやお悔やみの席では使わないようにするのがマナーとされる言葉がいくつも存在しています。

結婚披露宴のスピーチなどでは「切れる」「壊れる」といった縁起のよくない言葉を途中に入れることがないように言い換えをするのがマナーとなっていますが、それとほぼ同じ単語が葬儀の式ではタブーとされています。

披露宴のスピーチや葬儀のときの喪主挨拶、代表のお別れの言葉といったものなどはその最たるもので事前に原稿を何度もチェックして忌み言葉が混ざっていないかということを確認してから本番にのぞむようにする必要があります。

しかしそうしたスピーチを依頼されていないから安心というわけではなく、一般会葬者であっても葬式の会場を訪れたときに遺族にかけるお悔やみの言葉などにも十分注意をしておかなくてはいけません。

お悔やみの言葉をかけるときにはそれほど長い話はせずに、簡単に一言二言といったことをかけるだけだとは思いますが、悲しみにくれている遺族たちの気持ちをきちんと慮り、失礼のないようにしっかりと言葉を選んで準備をしておきましょう。

葬儀の式で特に注意をしたい「忌み言葉」

葬儀の大役とも言えるのが「弔辞」という友人知人を代表して行うお別れの挨拶です。

弔辞の依頼は小さな葬儀なら省略をしたり、依頼をしても1人だけですが、社葬などの規模の大きな式となると違った分野の知り合いとして3人以上に依頼をすることもあるようです。

いずれにしても弔辞を読む場合にはまず長くなり過ぎないということに注意をして、だいたい3~4分以内の文字にして1000字くらいでおさまる文章にまとめておくようにしましょう。

原稿の中で特に注意をしておきたいのが「重ね言葉」の使用です。

重ね言葉とは「たびたび」「しばしば」「つねづね」といったように同じ言葉を繰り返すことで強調するために使用されるものですが、そうした言葉は悪いことが何度も訪れるということを暗示するとしてお悔やみでは使用をしてはいけないこととなっています。

昔からの知り合いや以前に助けてもらったことが何度もあるという人などは特に「いつもいつも」「再三再四」といったふうに故人の行動を褒めたくなってしまいますが、そこで表現を誤らないように気をつけたいことろです。

また日本語独特といえるのが「直接的な表現をしない」という方法です。

具体的には「死ぬ」といったそのままな言い方をするのではなく、「急逝」「逝去」といった言葉への置き換えです。

直接的な表現に近いものとして「切れる」「朽ちる」「苦しむ」などといったマイナスのイメージがある単語もできるだけ使わないようにしましょう。

宗教によって異なる単語があることにも要注意

葬儀への参加を呼びかけをするハガキなどの書面にはどういった方式がとられるかということがきちんと記載をされているのが一般的です。

そのときには仏式・神式・キリスト教式といった式の方式だけでなく、同じ仏式でもどういった宗旨であるかということもきちんとチェックしておきましょう。

というのも同じ意味のことをさす言葉も、宗旨によって異なる言い回しがされることも多いためです。

具体例としては仏教においては亡くなることを「成仏する」といった言い方をしますが、これは人は亡くなったあとに仏様になるという思想からきています。

これが神道になると人は死ぬことで霊魂となり一家を守る存在になるというふうに全く異なるとらえかたをされるため、「帰幽」といった言葉に置き換えられます。

さらにキリスト教では亡くなった人は消えるのではなくこの世の苦悩から抜け出し神の国に召されるというふうに考えられるので「召天・昇天」といった言葉が使われます。

また同じ仏教でも「黄泉の国」や「浄土」「冥福」などは特定の宗旨でのみ使われる思想と言葉になるため、なるべくそういった表現はしないようにするというのもマナーとなります。

言葉選びが難しい「お悔やみ」

冠婚葬祭の式で苦労をしてしまうことの一つとしてあるのが、当事者に対して掛ける言葉の選び方です。

日本では「忌み言葉」としてお祝いやお悔やみの席では使わないようにするのがマナーとされる言葉がいくつも存在しています。

結婚披露宴のスピーチなどでは「切れる」「壊れる」といった縁起のよくない言葉を途中に入れることがないように言い換えをするのがマナーとなっていますが、それとほぼ同じ単語が葬儀の式ではタブーとされています。

披露宴のスピーチや葬儀のときの喪主挨拶、代表のお別れの言葉といったものなどはその最たるもので事前に原稿を何度もチェックして忌み言葉が混ざっていないかということを確認してから本番にのぞむようにする必要があります。

しかしそうしたスピーチを依頼されていないから安心というわけではなく、一般会葬者であっても葬式の会場を訪れたときに遺族にかけるお悔やみの言葉などにも十分注意をしておかなくてはいけません。

お悔やみの言葉をかけるときにはそれほど長い話はせずに、簡単に一言二言といったことをかけるだけだとは思いますが、悲しみにくれている遺族たちの気持ちをきちんと慮り、失礼のないようにしっかりと言葉を選んで準備をしておきましょう。

葬儀の式で特に注意をしたい「忌み言葉」

葬儀の大役とも言えるのが「弔辞」という友人知人を代表して行うお別れの挨拶です。

弔辞の依頼は小さな葬儀なら省略をしたり、依頼をしても1人だけですが、社葬などの規模の大きな式となると違った分野の知り合いとして3人以上に依頼をすることもあるようです。

いずれにしても弔辞を読む場合にはまず長くなり過ぎないということに注意をして、だいたい3~4分以内の文字にして1000字くらいでおさまる文章にまとめておくようにしましょう。

原稿の中で特に注意をしておきたいのが「重ね言葉」の使用です。

重ね言葉とは「たびたび」「しばしば」「つねづね」といったように同じ言葉を繰り返すことで強調するために使用されるものですが、そうした言葉は悪いことが何度も訪れるということを暗示するとしてお悔やみでは使用をしてはいけないこととなっています。

昔からの知り合いや以前に助けてもらったことが何度もあるという人などは特に「いつもいつも」「再三再四」といったふうに故人の行動を褒めたくなってしまいますが、そこで表現を誤らないように気をつけたいことろです。

また日本語独特といえるのが「直接的な表現をしない」という方法です。

具体的には「死ぬ」といったそのままな言い方をするのではなく、「急逝」「逝去」といった言葉への置き換えです。

直接的な表現に近いものとして「切れる」「朽ちる」「苦しむ」などといったマイナスのイメージがある単語もできるだけ使わないようにしましょう。

宗教によって異なる単語があることにも要注意

葬儀への参加を呼びかけをするハガキなどの書面にはどういった方式がとられるかということがきちんと記載をされているのが一般的です。

そのときには仏式・神式・キリスト教式といった式の方式だけでなく、同じ仏式でもどういった宗旨であるかということもきちんとチェックしておきましょう。

というのも同じ意味のことをさす言葉も、宗旨によって異なる言い回しがされることも多いためです。

具体例としては仏教においては亡くなることを「成仏する」といった言い方をしますが、これは人は亡くなったあとに仏様になるという思想からきています。

これが神道になると人は死ぬことで霊魂となり一家を守る存在になるというふうに全く異なるとらえかたをされるため、「帰幽」といった言葉に置き換えられます。

さらにキリスト教では亡くなった人は消えるのではなくこの世の苦悩から抜け出し神の国に召されるというふうに考えられるので「召天・昇天」といった言葉が使われます。

また同じ仏教でも「黄泉の国」や「浄土」「冥福」などは特定の宗旨でのみ使われる思想と言葉になるため、なるべくそういった表現はしないようにするというのもマナーとなります。

コメント欄は閉じられています。