連絡について

訃報はどのようにして伝えるのがよいか

電話長く病院に入院をされていたような親族の場合には、病院側で危篤となったときに既に家族に連絡をしできるだけ臨終に立ち会ってもらうようにします。

そこで医師の立会のもと心肺停止と死亡が確認をされたら、それから葬儀のための手続きをするべく親類や関係者に広く連絡をしていくことになります。

死亡の通知をするときにはまず第一報として親しい親類から古くからお付き合いのあった友人へ電話などを使って速やかに連絡をしていくようにします。

古い風習では死亡の通知をするときには使者を立てるなど厳密に行うこともあったようですが、現在ではそうした習慣よりもより素早く伝える方が重要との認識からあまり形式にこだわるということはないようです。

ただしやはり人の死を伝える連絡ですからメールで一斉送信というようなことはせず、できるだけ電話や口頭で伝えるようにしましょう。

生前特に故人と親しくしていたというわけではない人や、家族それぞれの関係者への報告は葬儀の日取りや形式がまとまってからでも問題ありません。

葬儀の連絡は「訃報通知」で

電話や口頭での第一報ではまず死亡したという事実のみを告げ、そのあとの葬儀やお通夜についての連絡はあとでお知らせしますといったふうにしてとりあえず保留にしておきます。

それから親類や葬儀社の方と話し合いをして葬儀の日程と場所が決まったら、そのことを「訃報通知」という形で連絡していくようにします。

「訃報通知」はネットなどでテンプレートも多く配布されているもので、親族や近所の方、会社の関係者の方向けに亡くなった人の名前とお通夜、告別式の日程、参列をされるときの注意事項などをまとめて書面にしてお送りしていきます。

遠方の方ならハガキなどを使用しますが、近くの方なら人数分のプリントをして代表者の方に渡して配布をしてもらうようにします。

最初の一報をするときに中途半端に「1週間以内におこなう予定です」というようなあやふやな情報を伝えてしまうとそれがおかしな形で伝わって混乱を招くこともあるで、最初の段階ではあまり適当な返答をせずにきちんとまとまってからお知らせしますというように伝えておきましょう。

連絡先リストを作っておくと便利です

急な災害や事故に巻き込まれてしまったという場合は仕方がないですが、既にかなり高齢になっているという人や、長く患っていていつ病状が変わるかがわからないという人は先に連絡先のリストを作っておくとすみやかに連絡をすることができて便利です。

亡くなってから誰と誰に連絡をすればいいかということは本人に確認をすることができないため何かと手間がかかり、他にも事務的な作業が多く発生してくるため遺族は相当に忙しくなってしまいます。

できれば元気なうちにいざというときの連絡先と連絡方法については家族間で話し合いをしておきたいですね。

コメント欄は閉じられています。