葬儀の一般的な流れ

菊

お通夜を行うまでにするべきこと

医師肉親が亡くなってしまったときには、まず医師から死亡診断書を発行してもらう必要があります。

葬儀を行うためにはまずいずれかの葬儀社やセレモニーホールへ申し込みをしてそこでスケジュールを相談しながら決めていくことになるのですが、このときには必ず死亡診断書の提出を求められます。

死亡診断書は死後7日以内(肉親が国外にいる場合には3ヶ月以内)に提出をしなくてはならないこととなっていますが、これは先に葬儀社に葬儀の申し込みをすることで代理で提出をお願いすることもできます。

また実際のお通夜や葬儀の前には事前に遺体の火葬許可申請をしなくてはいけません。

これもほとんどの場合葬儀社の方で式の流れの一貫として手配をしてくれるとは思うのですが、自分で何らかの手続をして欲しいと言われた場合にはそのとおりに実行しておきましょう。

他にも住民票の抹消や世帯主の変更など細かい手続きはたくさんありますので、手続き漏れがないようにチェックをしながら進めていくようにします。

死亡が確認されてからお通夜までの間は一般的に自宅に一時保管をし、その間は布団や枕飾りを使用しておきます。

また仏式の葬儀の場合にはそうした自宅での保管時に「枕経」として住職を招いてお経を読んでもらったりすることもあります。

お通夜と葬儀の時の基本的な流れ

依頼する葬儀社を決めたら次に葬儀の日取りを決めて参列を呼びかける告知を行います。

葬儀は仏式では「友引」には行われないようになっているので、日程を見ながら調整をして日付を決定しできるだけ早めに告知のためのハガキなどを発行し発送します。

葬儀ではお通夜とその翌日の葬儀という2つの式を行いますが、葬儀前夜に行うお通夜では親しい人や親族以外の人は出席しないのが普通です。

お通夜のあとには食事会(通夜ぶるまい)を喪主主催で開催し、そこで故人の思い出を語り合うというのが一般的です。

お通夜と葬儀は同じ会場で行われるのですが、このとき親しい肉親は同じ施設で一泊をするというのが慣例となっているようです。

古い伝統ではこのとき一睡もしてはいけないというふうにされることもあるようですが、現在ではそこまで厳密に守ることは強制されていません。

翌日の葬儀はお通夜と違って早い時間から開催をし、その日のうちに火葬場に運んで遺骨の状態にします。

葬儀の最後には最後のお別れとして棺に生花などを参列者の方に入れてもらい、最後に蓋をして釘打ちをし葬儀社が火葬場へと運んでいきます。

葬儀が終わってからの流れ

火葬が終わるまではしばらく時間がかかりますので、その間親族の方は控室でしばらく待ちます。

ちょうどこの待ち時間を昼ごろにして、一緒に精進料理の食事をとるということもあるようです。

火葬が終わったら再び火葬場へと移動をし、「骨あげ」という骨になった遺体を親族の手で集めて遺骨箱に入れるという作業を行います。

遺骨を全て収めたらそこで一端式は引けますので、そこで葬儀を依頼した住職を招いて再び読経をしたのちに「精進おとし」として会食を行います。

この「精進おとし」が終わったら住職にお布施を渡してそこで本当に式はおひらきということになります。

あとは喪主を中心に親族が集まって後片付けをしたり、参列者の名簿の整理やいただいたご香典や弔電の整理を行います。

コメント欄は閉じられています。