葬儀の形式について

宗教による葬儀の形式の違い

仏像日本国で行われている葬式で最も多いのは仏教式の葬儀でしょう。

普段から特に宗教的なこだわりのない生活を送っている人にとっては、黒白の水引きを真ん中に入れた香典袋や、葬式の時に呼ぶ住職などをごくあたりまえのこととしてとらえています。

ですが例えばキリスト教の場合には当然住職は呼ばず、故人が生前に属していた教会などを会場として行われます。

また仏式に比較的近いように感じる神式の葬儀の場合であっても、お香を焚いて焼香をするということはせず、代わりに斎主による祝詞や玉串奉奠といった方法がとられます。

葬式に参列をするという場合には先に死去の連絡を兼ねたハガキなどの書面が送付されることと思いますので、そこで葬儀はどういった形式で行われるかということもきちんと調べておくようにしましょう。

一見さらりと書いてあるようなことでも、読み違えるとかなりマナー的に苦労をしてしまうようなこともありますので注意が必要です。

規模によっても異なる葬儀の形式

葬儀の方式を決めるのは宗教や宗旨だけではありません。

葬儀といっても一般的に生前の知り合いやご近所で付き合いのあった人、会社の同僚などに連絡をする式だけでなく、規模や参列を呼びかける範囲を絞り込むような式もあります。

特にここ最近の傾向としては個人のための葬儀ではあまり広く告知などはせずに、ごく親しい人だけで静かに行うという家族葬のような方式がよく選ばれるようになってきています。

本格的な家族葬の場合には一般の会葬者の方の参列を遠慮してもらうといったように伝達のみにするということもあります。

そうした一般的な葬儀と異なる方式で行う場合にはお悔やみの言葉や弔意の示し方も変わってきますので、都度マナーを意識して参列をしていくようにしましょう。

コメント欄は閉じられています。