葬儀費用について

葬儀費用の内訳とだいたいの費用をつかむ

お札葬儀業界というのはここ最近まで、「素人が踏み込んではいけない分野」というイメージが強くありました。

今から数年前に大手企業が「香典の相場」というような金額をはっきり示すような記事を作成したところ、「そうしたことはそれぞれの習慣や宗旨によって違うのだから一概に決めつけてはいけない」と業界ないから大反発があったほどです。

ですが昔のようにほとんどの人が地元で生まれて一生をそこで過ごし、ご近所関係や親類との付き合いが親密であったというような時代ならばともかく、ここ最近の若い世代ではそうした「暗黙の了解」のような習慣やマナーを教えてくれる人がいないという環境があります。

そうした時代の変化によって葬儀関連業界も変化をしてきたようで、現在ではむしろ喜んで事前に見積もりをとることを顧客に勧めていたり、他社にはないようなサービスを展開するとして明朗会計を表示していたりするところも多く見られています。

ですので生前整理やいざというときの打ち合わせとして、事前に見積もりをお願いすることができる葬儀社に相談をしてみるというのもかなりおすすめができます。

葬儀のときにかかる費用の内訳としては「式に必要な施設の使用料」「飲食接待料」「宗教関係者への謝礼金」という区別ができます。

個人葬では規模の小さな式が多く選ばれています

突然に家族肉親に不幸があって葬儀を急いで準備をしなくてはいけなくなったという人に後から感想を聞いてみると、ほとんどの人から聞かれるのが「びっくりするほど高かった」という意見です。

心の準備が整っていない状態で提示をされてしまうからという理由もあるでしょうが、それでも亡くなってから最初に最初に依頼をした葬儀社からの提示額には思わず腰が引けてしまうというような人も多いというのが実態です。

ここ最近ではあまり冠婚葬祭にお金をかけたくないというふうに考える人が若い世代を中心に増加してきたということもあり、全体的に習慣的な式典はできるだけこじんまりと行いたいという希望が多く聞かれるようになりました。

近々葬儀を行うことになるであろう高齢者世代からも、残された遺族にあまり金銭的な負担をかけたくないという意志からあえて少人数で小さく行う式を希望する人が増えています。

そこで今サービスとして人気が高まっている業界の一つに、事前に葬儀に関する打ち合わせをして先に見積もりを提示することができるという葬儀社があります。

参考>>葬儀のミカタ

こちらの企業では増える傾向のある小規模の葬儀方法に特化し、事前にだいたいいくらくらいがかかるかということの相談を受け付けています。

生前のうちに本人の意志を確認しておくと便利

葬儀という行事は何かとお金に関するトラブルが起こりやすく、家族の死によってそれまでは普通に生活をしてきた親族同士に突然の確執を作り出してしまうといこともよくあります。

亡くなる側にとっては自分がいなくなってからの世界なので関係ないといえばそうなのかもしれませんが、できることなら死後も何事もなく仲良く家族が過ごして欲しいと思うところでしょう。

そうした余計なトラブルの火種の最大のきっかけはやはりお金です。

家族が亡くなるということは相続が発生をするということですが、その分配方法に始まり葬儀はどういった方式でいくら使うかといったことは普段親しい親族同士でも何かと衝突をしやすい項目となっています。

余計な親族の争いを防ぐためにも、少なくとも死後最初に発生する多額の出費である葬儀の方法については事前に見積もりをとり家族の了承を得ておくということがすすめられます。

コメント欄は閉じられています。