不幸がおきてしまったら

もし突然に家族の死を伝えられたら

枯れる人の生き死には本人の意志とは関係なく左右をされるものです。

ですので昨日まで健康そのものであった父母が、その日の夕方に突然に死亡したという連絡を受けてしまうということも実際にはよくあります。

突然に肉親の死を迎えたときには頭が真っ白になってしまい、本来ならばその後数日はほとんど何も考えることができなくなってしまうのが普通です。

しかし家族肉親が亡くなった場合、そのときの気持ちがどのようなものであれ葬儀のための準備をしていくことが残されたものの義務となります。

ごくまれに事件性の高い事例に巻き込まれてしまったというようなケースを除き、大抵の事故死や病死の場合には医師の立会のもと死亡が確認されてすぐに遺体は自宅へと搬送をされることになります。

もし自宅の中で死亡しているらしいことがわかったという場合であっても、死亡の確認は医師が立会をしなければならないという決まりになっているため、一度は病院に運ぶことになります。

医師から死亡診断書を発行してもらったら、まずそれを持って斎場や葬儀社へ連絡をして葬儀のための打ち合わせを開始します。

また死亡診断書は死亡が確認された日から7日以内にもよりの自治体窓口に提示して死亡届をしなくてはいけないことにもなっています。

最初に決めるのは喪主の決定

何はともあれ最初にする手続きは、死亡届けを持って葬儀を行う場所を探すということです。

おそらくお住まいの地域にはいくつかセレモニーホールなどとして葬儀を専門に行うための施設があるはずです。

自分でお寺や神社などに手配をするということもできないわけではないのですが、その場合かなりの手間がかかり動いてくれる人員も必要になるためあらかじめ葬儀のためのプランがワンセットになっている葬儀社に依頼をするのが確実です。

葬儀社と話し合いをして葬儀の方法や日程が決まったら、遺体を病院から自宅もしくは保管ができる施設へ移動をします。

そのときまず最初に決めることになるのが葬儀社と窓口になり、告知を行うときに代表者となる「喪主」の決定です。

参考>>喪主の葬儀知識

喪主は特に誰がやらなくてはならないという決まりはありませんが、慣例として夫・妻や長男が優先的に行うことが多いようです。

このときできるだけすみやかに近くに住む親類にも連絡をして手伝ってくれる人をお願いできるか確認しておくと何かと便利になります。

心理的にも直系の親や子供よりも、従兄弟や兄弟姉妹など少し生活が離れた関係の親類の方が冷静に判断や行動ができることも多いためそうした中からしっかりした人を打ち合わせ役として喪主と同席することをお願いするのがおすすめです。

細かい手続きや準備は丸ごとおまかせ

葬儀というのはそうそう連続して起こるものではないため、直接的に葬儀運営をしたことがある人を除きほとんどの人が実際の葬儀にはいくらくらいかかりどんな準備が必要かということがわからないものと思います。

しかし葬儀の場合には死亡が確認されてから、どんなに長くても数週間のうちに式を開かなくてはいけません。

そんなときに頼りになるのが丸ごと手続きや準備を担当してくれる葬儀社です。

葬儀ではお通夜や葬式本番の他にその前後の遺体の取扱や、参列する人たちを招いての食事会、さらに式のあとの火葬から埋葬までといったさまざまな準備が必要になります。

それらをイベントの業務の素人が自分たちだけで行うのは実質的に不可能ですので、そこはやはり信頼できるプロの方におまかせをしてしまうのが一番の方法になります。

基本的にそうしたプロの企業におまかせをしておけば、次にどういった手順でどんなマナーが必要になるかということを全て指導してくれます。

コメント欄は閉じられています。