葬儀後の諸手続き

告別式が終わってからの流れ

葬儀ではお通夜と告別式の2つが最も大きな行事となりますが、その日程が終わってからも葬儀のための手続きは続きます。

告別式が終わったあとには火葬場へと遺体を運び、火葬を終えたあとの遺骨を骨壷に入れて喪主の自宅に持ち帰ります。

遺骨はすぐにお墓に入れるのではなくしばらく自宅においておき、日を改めてからお墓に入れるという法要行事を行います。

仏教においては亡くなった人の魂は命日から49日の間現世をさまよい、それから極楽へと旅立っていくものとされています。

そのため死亡してから49日間はお墓に入れず、自宅でも「喪に服す」として飲食を慎み読経をするなどといった追善供養をしていくことになります。

葬儀のあとに最初に行うことになる法要は「初七日」ですが、最近では葬儀後すぐに集まり直すということが難しい事情もあるため、簡略化をして告別式のあとの「精進ぶるまい」の席と初七日を一緒にすませてしまうというのが一般化しています。

49日のタイミングで納骨

自宅においていた遺骨をお墓の中に入れることを「納骨」」といいますが、仏式での葬儀では49日の法要に合わせて行うのが通常です。

亡くなってから49日目はそれまで現世を魂の状態でさまよっていた故人がいよいよあの世に旅立つ日であるため、それを送り出すという意味で再び親類縁者が集まって読経と会食を行ったのちにお墓に行って中に収めるということを行います。

この49日と納骨を合わせて行わず、先に納骨を済ませたり、49日の法要も親類などに声をかけずにお寺で行うといった方法もあるので家庭の事情に合わせて融通をきかせてもよいでしょう。

なお49日までには葬儀に参列していただいた方へ香典返し(後日返し)を行ったり、お礼の挨拶をすませたりといった手続きをすませておくようにします。

香典返しは一般会葬者の方には「即日返し」としてあらかじめ用意しておいた品物をお帰りのときに配布するのが一般的ですが、多額の香典を頂いたり特に親しい人からいただいたというときにはお礼の品物をつけてお返しをするようにします。

また葬儀に参列をしていただいた方全員に対し、喪に服す期間が終了したというお知らせの意味で「挨拶状(お礼状)」を発送します。

これは49日と納骨が終わった直後に行うのが一般的で、葬儀への参列のお礼とともに無事に法要手続きが全て終わったということをお知らせしていきます。

コメント欄は閉じられています。