法要とお参り

葬儀後の法要の種類について

仏教では人は亡くなった後すぐにあの世に行くのではなく、しばらくは魂の状態で現世をさまようものと信じられています。

そのため仏式で葬儀を行った人はお通夜と告別式が終わったあともしばらくの間をかけておとむらいをしていくことになります。

有名な法要行事としては死後7日めの「初七日」や、49日めの「四十九日」がありますが実は正式にはそれだけでなく途中にはいくつか節目になる日があります。

現在ではよほど熱心な仏教徒でもない限りそうした節目の行事は行わず省略をするのが一般的なようですが、一応知識として法要にはどういった意味が込められているのかということを知っておいた方がよいでしょう。

仏教の経典で共通している教えでは、人は亡くなったあと魂となり、あの世とこの世を行き来しながら裁きを受け、49日めに行き先が決定されて晴れて旅立ちとなることになっています。

死後の行き先についてはかなり長い話になってしまうため「六道」などといったキーワードで調べてもらいたいですが、葬儀と法要に関して言えば7日ごとに裁きを受けるタイミングで行うというふうに覚えておいてください。

いつまで「喪に服す」のか

同居していた親しい親族が亡くなった場合などには「喪中」「喪に服す」といった言い方でしばらくお祝いごとなどの席に出ることを控える習慣があります。

「喪中」とは亡くなった人を悼み、安らかに成仏をしてもらうために祈りを捧げるという意味で行うものです。

特に喪中のきまりはないのですが、本格的に行っていた時期には喪服を着用して生活をしたり、酒肉を断つ、音曲をしない、お祝いをしないなどといった厳しく身を慎むことまでがされていたようです。

実はこの喪中については明治7年に出された太政官布告で細かく定めがされていたのですが、昭和22年には廃止となっています。

ただ当時の名残もあるせいか、現在でも近親者が亡くなってから49日~一周忌までを喪に服す期間としてできるだけお祝いや騒ぎを控えるようにしていることはよくあるようです。

若い世代でも家族が亡くなった年には年賀状を出さずに喪中ハガキを出していますね。

回忌供養と季節の行事について

喪に服す期間が終わったあとも、節目節目で供養のための法事を開催することがよくあります。

有名なものとしては「一周忌」「三回忌」「七回忌」があります。

ちょっとややこしいのが「三回忌」で、これは実際には亡くなってから2年めにあたる一周忌の翌年に行う法要行事です。

いずれも葬儀を依頼したお寺の住職さんに読経をしてもらうとともに、親類を集めて会食をするというふうにするのが一般的です。

回忌の法要と別に年中行事として行われるのが3月と9月のお彼岸、7~8月のお盆といった死者をとむらうための行事です。

これらは全国それぞれの地域や宗旨宗派によって方法は異なるようですが、亡くなったばかりの故人だけでなく、これまで長い歴史で存在してきたご先祖様としてお参りをしていきます。

コメント欄は閉じられています。