宗教によって香典袋が異なる

意外と知られていない香典袋の違い

私達は普段葬儀に参列するときに持ち込む現金包のことを「香典袋」といいますが、これは仏式の葬儀のときの専門用語です。

ただ日本では葬式の形式として仏式が最も多くとられていることから、現金を包む袋の名称そのものの総称として使用をされています。

気をつけたいのが仏式ではない葬儀に呼ばれた場合にまで「香典」という名称を使わないようにするということです。

「香典」という言葉はもともと葬式に参列する人が仏前に供えるお香を持ち寄ったことから発した言葉であるため、そもそも葬式でお香を焚かないキリスト教や神道の場合には全く異なる名称を使用しています。

葬儀が行われる連絡についてはきちんと書面で案内がされるのが一般的であり、親族など近い間の場合にはどういった方法で行うかについて詳しく事前の説明があるかと思います。

そうしたときにはその式がどの宗教の方式になるかということをしっかりと確認をして、その方式にのっとった香典袋を準備するようにしてください。

なおどういった方式の葬儀をするにしても、一般会葬者として参列する場合なら中に包む金額については大きな違いはありません。

キリスト教式の香典袋

基本的にはどういった宗教方式の葬儀であっても「御霊前」と書かれた袋であれば失礼にあたるということにはなりません。

ただ白地に水引きをつける香典袋はどうしても仏教的な印象が強くなってしまうので、より故人を尊重する意味でキリスト教の式に参列するなら専用の袋を用意するというのもいいかと思います。

キリスト教式の袋の名称は「献花料」や「御花料」といった名称で呼ばれます。

これは仏式の「焼香」がキリスト教式では「献花」になるのと同じような感覚で捉えるとよいでしょう。

袋の大きさなどは一般的な香典袋と同じですが、水引きがなくてもよいとされています。

白地の紙で現金を入れた封筒を包むところまでは同じですが、無地以外にも表面にユリの花などが薄くプリントされていたり、表面の右上に十字架が描かれていたりするとより本式になります。

またキリスト教の中でもカトリック式として行う場合には「御ミサ料」と書くこともあります。

神式の葬式の香典袋

神式の場合もキリスト教式と同じく葬式の席でお香を焚くということはしません。

仏式における「焼香」もなく代わりに玉串と言われる榊の葉を使った専用の道具を使って祈りを捧げることとなっています。

なお神式での葬儀は正確には「神葬祭」という名称となります。

香典にあたる現金ですが、これは「御玉串料」という名前が一般的となっています。

その他にも「御神前」「御榊料」という名称が使われることもあります。

特徴的なのが水引きで、仏式では黒と白のものが使用されますが神式では銀色一色で作られます。

それと香典とは直接的に関係のない知識ですが、神式では会場で祈りをするときに数珠は使用しませんので間違って持ち込まないようにしましょう。

コメント欄は閉じられています。