お香典の相場について

社会人にとって悩ましいお香典の相場

現金お通夜や告別式に参列をするときには、香典として現金を持っていくのがマナーです。

ちなみに「香典」という名称は仏式の葬儀のみの言い方であり、キリスト教式の場合には「御花代」「献花料」といった名称になり、神道式の場合には「御玉串料」といった名目に替わります。

最初に告別式の案内を受けたときにはどういった方式で葬式を行うかの説明もあるとは思いますが、呼び名の使い分けをするのは大変なので迷わないように「御霊前」という全ての葬儀方式に共通している名称の袋を使っておくのが無難です。

中身に入れる金額ですが、一般会葬者として参列する場合なら3000円~10000円くらいの間の金額にしておくのが通例です。

もっとも多く包むのは近い親族への香典で、年齢や社会的地位にもよりますが最大で10万円くらいを包むこともあります。

ただし香典の場合には結婚式でのご祝儀と異なり、それほど高額が期待されているわけではありません。

よほど故人と親しい間柄であったような場合でなければ、近い親族であっても数万円くらいで十分とされています。

更に難しいのが住職のお布施

香典の金額もそうですがさらに一般人にとって悩ましいのが依頼したお寺の住職に支払うお礼である「お布施」です。

お布施は一応建前としては「心付け」なのでそれこそいくらでなくてはいけないというような基準があるわけではありません。

また受け取るお寺の側も誰からいくらもらったと他所に情報を漏らすことはしませんし、仮に直接いくらでしょうと聞かれても「それはお心づけで十分です」といった回答しかできません。

一応アンケート調査をとったデータもありますが、その場合だいたい20~30万円くらいの範囲が相場基準となっているようです。

注意をしたいのがこのお布施はあくまでもお寺に支払うものであり、仏教徒として亡くなったときに戒名をつけてもらうための「戒名料」はまた別になります。

もし金銭についてよくわからないということなら、素直に葬儀社の方に相談をするのが一番確実な方法です。

コメント欄は閉じられています。