焼香と献花について

葬儀の参列で最も戸惑う場面

菊葬儀の席における焼香・献花は、一般会葬者として参列をするときに最も緊張する場面です。

お通夜や葬儀の中ではどのような宗旨の葬式であっても必ず参列をしている全員が一人ずつ棺桶の近くに行き祈りを捧げるという流れがあります。

このとき仏式の葬儀で一般的に行われるのが「焼香」であり、キリスト教式の場合にはそれに変わって「献花」が行われます。

それとあまり多くはありませんが神式での葬儀の場合には「玉串奉奠(たまぐしほうでん)」という独特の方法により同じく故人へのお別れをします。

このうち日本国内の葬儀では仏式の焼香が行われることが最も多いですが、その中にも仏教の宗旨によって少しずつ方法に違いがあります。

どのような葬式であっても始めての人でも戸惑わずに行えるように誘導をしてくれるスタッフがついていてくれるとは思いますが、基本的には最初に親族の方が行うのを見てから順序に従い周囲の人と同じように振る舞えば特に難しくはありません。

慣れないうちはどうしてもキョロキョロとしてしまったりして落ち着いて祈りをすることができなかったりしますが、できるだけ落ち着き慌てずに一つ一つの動作をしていきましょう。

焼香の基本的の作法

お焼香は仏式葬儀の途中で読経のタイミングに合わせて行われるのが一般的です。

焼香のときには司会者からその時の席次でどういった順番で行うかの誘導の案内があるので、周りの様子を見ながら席を立って焼香のためのテーブル前に移動していきます。

昔ながらの自宅での葬式の場合には畳に正座をしながら葬式全般と焼香を行う「座礼」が一般的でしたが、現在では長時間正座をすることを嫌う参列者も増えているためセレモニーホールなどでは立って焼香を行う「立礼」をとっています。

立礼でも座礼でも焼香の作法はそれほど大きく異ることはなく、その時に座っていた席の前の方から順番に前に出て行って行います。

時間短縮のために数か所の焼香場所が設けられているというところもありますが、自分の順番が来たら空いている焼香台の前に行き、少し間をおいて遺影を軽く見つめるようにしてからゆっくりと合掌をします。

それから右手の指先を使ってお香をつまむようにして少量を持ち上げ、目の高さくらいに掲げてから香炉の中につまんだお香を入れます。

このしぐさは数回繰り返すこともありますが、友人などの一般会葬者なら一回だけで大丈夫です。

ちなみにこのお香を掲げるというしぐさは、最初は亡くなった仏様に、二回目は奉る神様に、三回目は読経をしている僧侶に、という意味があるとされています(宗旨によって意味が違うこともあります)。

ですが本式に三回繰り返すのは遺族やごく親しい知り合いだけでよいとされているので、遠い間柄の人は回数は多くても二回までにしておきましょう。

焼香が終わったら最後に再び合掌をして自分の席に戻ります。

この席に戻るときには遺族の前で一礼をすることも忘れないようにします。

キリスト教の葬式における献花の方法

仏式の焼香と全く異なる方法となるのがキリスト教式の献花の儀式です。

キリスト教式での葬儀では、会葬者は一人1本の花を持って棺桶の前に行きその中に入れていくという方法がとられます。

自分の順番の近くになるとスタッフからお棺に入れる花を受け取るので、まずそれを両手で持ちます。

持つ時には右手は手のひらが上、左手は手のひらを下にして、花弁がある方を右にして横向きに掲げるような感じで持ちます。

お棺に入れる前には胸の高さに掲げつつ歩み寄り、霊前で一礼をしたら茎の方向からそっとお棺に入れるようにします。

最後に少しお棺から下がって一礼をしますが、このとき自分がキリスト教ということでないなら無理に十字を切る必要はありません。

普段どおりに仏式の合掌をしておけば大丈夫です。

コメント欄は閉じられています。