お悔やみの言葉

できるだけ簡素に伝えるようにするのがマナー

知り合いやその家族が亡くなったという知らせを受けたときには、できるだけ直接にお悔やみの言葉を遺族の方に伝えるようにします。

親類や古くからの友人が亡くなったときにはおそらく亡くなってすぐに電話などで連絡を受けることと思います。

長く会っていなかったりすると突然の訃報となることも珍しくありませんが、そうした連絡を第一報として受けた場合には「お悔やみ申し上げます」といった素直な返事をするようにしましょう。

突然の連絡を受けたときにはなぜそうしたことになったのかといろいろ聞き出したい気持ちもあるでしょうが、連絡をする遺族側は自分だけでなく多くの人に連絡をして急ぎ準備をしていかなければいけなかったりしますので、第一報の時点で根掘り葉掘り聞き出すのはよすようにしましょう。

詳しく話を聞き出すのは後日にして、まずはできるだけ簡単に言葉短く話をしていくことを心がけます。

お通夜や告別席に参列してからの言葉

電話や普段の会話とは異なり、実際のお通夜や告別式ではきちんと言葉遣いにも気を使っていく必要があります。

特に弔辞を頼まれたという場合などには要注意ですが、葬儀の席においては使ってはいけない言葉が存在しています。

使ってはいけない言葉のことを「忌み言葉」といいますが、これは個人的な会話となるお悔やみとしてでも使わないようにするのがマナーとなります。

忌み言葉は慣れないと完全に避けるのは難しいため、心配な人はあらかじめお悔やみの言葉の原稿を作っておき、それを簡単に伝えるようにしておきましょう。

コメント欄は閉じられています。