供花の贈り方

ご遺族に事前に尋ねるのがベスト

供花は基本的には、祭壇に飾るための花となります。
そのため、伝統として仏花である菊の花が用いられてきましたし、今でも多くの葬儀では祭壇に供えられるのは菊の花となっています。
しかし、現在では考え方も変わり、故人の好きだった花をメインにしていろいろな花を供えたり飾ったりすることが多くなっています。

葬儀会社でもこうした要望に応えて、菊の花だけでなくいろいろなタイプの花を供花とした用いるようになっています。
それぞれの葬儀で、故人やご遺族の異なる要望に基づいた花が用いられますので、供花を贈る際にはご遺族に一声かけるのがマナーです。

全体の雰囲気に合った花を選ぶ必要がありますし、もし場違いが花を贈ってしまうと失礼に思われてしまうこともあります。
また、祭壇用の供花と思って贈ったのに、他の花とのバランスが合わないために他の場所に飾られてしまう可能性もあります。
事前にご遺族に尋ねることによって、葬儀に合ったものを贈ることができることになります。

香典とは別に贈ることもある

供え物は一つで十分ですので、供花を贈った場合は香典や他の供え物は不必要だとされています。
一般的にはそのように見なされますが、近い親族など、近い関係にある場合は、やはり供花とは別に香典を包んだ方が良いでしょう。

それほど多額でなくても構わないので、供花の他に香典を贈ることで、しっかりとした配慮を示すことができます。
また、供花と共に、ご遺族への慰めとなる言葉をしたためたメッセージを贈ることもできます。
儀式的なマナーが必要ということだけでなく、傷心のご遺族への親切な行いをしてあげることは、とても大事なことだと言えます。

供花の予算や贈る時の注意点

供花にはいろいろな種類がありますので、予算もまちまちとなります。
一般的には、5,000円から2万円程度が相場となっています。
故人やご遺族との関係性などによっても予算が変わりますので、どのくらいのものを贈るかをじっくりと考えましょう。

供花を贈る際には、葬儀が始まる前、少なくても2時間前までには自宅もしくは葬儀場に届くように手配しましょう。
葬儀が始まってから届くとなると、設置が大変ですし、祭壇への設置が断られてしまうこともあります。

また、供花を贈る際の名前ですが、一人で贈るのであれば個人名で問題ありません。
会社関係者などでグループで贈るのであれば、部署名などを記して、「○○一同」といった形で贈るのが通常です。
会社全体で供花を贈る際には、社名の他に代表者名を記すのが一般的です。

このように、供花を贈る際には細かな配慮が求められることもありますので、周りの人に意見を聞いたり、ご遺族の意向を確かめるなどして慎重に決めることが大事です。

コメント欄は閉じられています。