訃報をお知らせする方法

関係の深い順に知らせる

訃報を知らせるときは、関係の深い人物から順に知らせるようにします。
順番としては、以下のようになります。

1、家族や兄弟、いとこや孫
2、故人に関係する友人や知人、会社や学校関係者
3、遺族に関係する友人や知人、会社や学校関係者
4、近所、町内

家族や亡くなった方の意思を優先し、知らせる範囲を決めます。
生前の関係も考慮し、親族のみで行う場合は、葬儀後に他の人物に知らせても問題ありません。
もちろん葬儀社やお寺にも連絡しておきます。
先に訃報を連絡し、その後葬儀社で葬儀の日程を決めて、改めて連絡しても構いません。

ただ中には、近所や会社の人に知らせたくないという人もいますが、訃報は関係する人物には伝えるようにしましょう。
家族葬などを行うときでも同じですが、どうしても身内だけ、他の人に知らせず葬儀を行いたいというなら、どこか葬儀会館を借りて行うようにします。
中には新聞への掲載なども配慮してくれる、葬儀社もあります。

知らせ方と内容

訃報は、昔は電報やハガキで知らせるのが一般的でしたが、それらは時間がかかるので、連絡を受けた人はすでに葬儀が終わっている日であることもあります。
早く訃報を知らせるためにも、電話やメールで伝えることが多く、メールで一斉に知らせる方もいます。
中には、メールでの知らせは不謹慎に思う方もいるので、相手に配慮し連絡方法を考えましょう。
連絡するときには、亡くなった人物、葬儀日時や場所をお伝えします。

親族に対しても、会社や町内に対しても、知らせるときは、家族葬であれば、香典や参拝は不要の旨も伝えます。
電話やメールでも、ハガキにしても、そのような内容を記載しておきましょう。
場合によっては、お断りしても参拝する人がいますが、その場合は無理に追い返さず、速やかに参拝してもらいましょう。
お返しなどがないことも、そのときに丁寧に伝えると良いでしょう。

・訃報のみ

亡くなった事実だけを伝えます。
その後葬儀の日程が決定した後に、再度日時の連絡をする方法であり、これは急いで訃報を伝えないといけない相手に行います。
親族や葬儀社へはこのようなパターンが多いです。

・葬儀日時も含めて

訃報と一緒に、葬儀日時も含めて連絡します。
遠い親族や友人知人、会社の人などに伝えるときに、よく行われます。
ただ葬儀日時も知らせるときは、誰が亡くなったか、葬儀日時、喪主名と間柄を伝えればよいです。
連絡では故人との関係を忘れる事が多く、連絡時はしっかりと伝えましょう。
さらには、どのような形の葬儀を行うのかも伝えておきます。
参列や香典不要となれば、そのことも忘れずに伝えるようにしておき、この連絡を忘れると葬儀日に参列する方が出てきます。

コメント欄は閉じられています。