お墓参り

お墓を清めることから始める

お墓参りは、故人を偲ぶと共に安らかな冥福を願って供養をするという意味合いもあります。
宗教的な行為の一つでもありますので、しっかりとした手順とマナーに従ってお墓参りをすることはとても重要なのです。

お墓参りは、まずお墓を清めることから始めます。
事前に水を入れる桶やほうき、スポンジなどを準備しておき、お墓とその周囲をきれいにできるようにしていきましょう。
お墓の周りをきれいに掃いてきれいにしたら、お墓に水をかけてスポンジなどで清めてあげます。

その後、お花を供えたり食べ物や飲み物を墓前に供えます。
お花は花入れに収まるようにきれいに切りそろえて活けるのがベストです。
飲食物を供えるのはお墓参りに欠かせないことですが、そのままに放置しておくと動物が入り込んで荒らしてしまいますので、立ち去る時に持って帰るのがマナーです。

線香を立てる時には束のまま供えるのがマナー

供え物をしたら線香を立てることになりますが、ここでも気を付けたい点があります。
それは、線香は一本ずつ立てるのではなく、束でまとめて火を付けて立てるということです。
香を焚くという行為は、とても重要な宗教的な行為ですし、仏に供えるものとなりますので、まとめて大きく立てるのがマナーなのです。

合掌をするという意味でのお参りにも手順があります。
まず、その場に居合わせた人たち全員でお参りをした後、故人との関係がより近い人から順にお参りをします。
墓の前にしゃがんで手を合わせて合掌するのが通常のお参りのスタイルです。

しかし、地域や宗派によってお参りの形がじゃっかん違うこともありますので、お寺に行ったら僧侶にお墓参りの正しい手順を聞いてみるのも良いでしょう。
数珠の形なども異なることがありますので、しっかりとそれぞれに合ったものを持参することが重要です。

墓石の扱いに注意する

お墓参りをする際には、墓石を大事にするということを思いに留めておきましょう。
そのため、墓石を傷めてしまうような行為はできるだけ避けるようにすることが大事です。

たとえば、墓石をタワシなどを使ってごしごしとこすって掃除をするという行為です。
雨風にさらされていますので、どうしても墓石はかなり汚れてしまうものです。
しかし、硬いもので力を入れてこすってしまうと、表面に傷を入れてしまうことになりますので避けるようにしましょう。

さらに、墓石には水以外のものをかけないということもポイントです。
洗剤をかけて洗ったり、供養のためだとお酒をかける人も多くいます。
気持ちは理解できますが、墓石を傷めてしまうことにつながりますので気を付けるべきです。

また、線香を供えた後立ち去る時に、線香に水をかけて消すのも避けるべきです。
急激な温度の変化によって墓石が劣化したり割れたりすることがあります。

コメント欄は閉じられています。